★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2008年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2008年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年02月
ARCHIVE ≫ 2008年02月
      

≪ 前月 |  2008年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ちゃれんじ2月号、オノ ヨーコさんの本

お誕生日以来、肩こりがひどくなってて
実家から以前送ってもらったシップを肩に貼ってます(おばーさんですね
年中、肩こりなので、これが特別不思議ではないのですが・・。

さて、先日、日本のじーじーが送ってくれたこどもちゃれんじの2月号が
届きました↓。じーじー。毎月、ありがとう
shimajiro2

今月号は、エデュトイは、ないのですが
何といっても、嬉しかったのは、ハッピーバースデーの絵本
(ちょっと写真では見にくいですが中央トップ↑)が入っていたこと。
誕生日の月にいただけるみたいです。
購読をずっとしてたら、毎年もらえるのかな?

そして、続いて日本からの郵便物
オノ ヨーコさんの本「ただの私」(株)講談社)↓
onoyoko

実は、オノ ヨーコさんのことは、ビートルズを通して
知識はごくあったものの、あまり彼女自身のことは
詳しく知らなく・・・・
先月、ネットでオノ ヨーコさんの検索を
なーんとなくしてたら
彼女の本がいくつかあることを知って・・・
ちょっと興味が沸いてしまい・・・
アマゾンジャパンから購入しました。
ネットショッピングは、年に1回したらいいほうで
アマゾンから買ったのは2回目。
もともと私は、学生時代からビートルズが好きで(特にジョン レノン)
ビデオには、オノ ヨーコさんがよくいっしょに出演して
存在感があったのが印象的。
彼女のはっきりした顔が何となく好きだったんです。
この本、書かれたのがかなり前1973年あたりだけど
初発行されたのが1990年。そう・・・まだジョン レノンが
生存していた時の頃も書かれているんです。
まだ3分の1くらいしか読んでいないのですが・・・
中でも「日本男性沈没」という章では
女性上位であるべきという観念がことごとく書かれていて
きっと日本の男性たちがこれを読んだら、怒るんじゃないの?
って思うほど。皮肉っぽいニュアンスがちょっと笑えます。
この本を読み終えた後、考え方が変わるかな?(笑)
雑誌はときどき読むけど、「本」を手にとって
じーっくりと読むことが少なくなっているので
読書を楽しんでみようと思います。
育児の間のリラクゼーションになるかな・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。