★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 写真撮影☆HealthマガジンTOP双子のこと ≫ 写真撮影☆Healthマガジン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

写真撮影☆Healthマガジン

昨日、日本の両親が送ってくれた船便が届きました。
いつもありがとう
shp1

たくさんの双子の冬服(これから重宝しそうだ^^)
日本食が入っていました。2ヶ月ごとに、いろいろ(主に日本食と子供服を)
送ってくれます。いつも両親には、頭が上がりません。感謝しないと・・・・。

waiyasen
leica先週の水曜日、キンディー(保育園)で写真撮影がありました。

これは、義務的なものではなく・・・
前もって、写真撮影(個人写真/兄妹の写真)を希望の人は
保育園にきてくださいと言う内容のお手紙をいただいていました。
もちろん、これは実費ですが、ある子供向けの写真撮影のお店より
お手ごろな価格だったし、プラス、サラは、カメラが苦手?で
わたしが写真撮影をしょうとするなら逃げる/隠れる始末^^;なので
今回は、二人揃って撮影できるいい機会だと思い
二人を連れ行ってきました。


ちゃんとカメラに向かってポーズできるかなぁ?と心配はあったのですが
これもいい経験。出かける前に、髪・服を整え・・・いざ、出発!
キンディー内のキッチンの横(狭いスペースでした^^;)で、写真撮影が
行われてました。

背景は、ペイントされた絵(かもめ・ペンギン・海)。
その前に小さな椅子が置かれ、そこに座ってポーズ。
カメラマンの女性の人が、おもちゃ・ボール・ぬいぐるみなどを出してきて
二人に笑顔を作らせようとしたのですが、その努力も効果なし
こあら・サラは、真剣な顔でカメラを見つめる。
脇の下や首をくすぐって、笑わせようとしたのですが、それも効果なし
二人とも、パスポート写真のように、終始まじめ顔・・・・。
カメラマンの女性の人に「どうしたの?」なんて言われてしまって
いっしょにいたわたしも笑顔を作らせようとしたのですが
結局、笑顔を見せずに写真終了。横にいたアシスタント?の男性に
「Too Shy!!」と言われて、写真撮影を終えました。
おうちでは、大声で笑ったり、歌ったりするのになぁ。
ママもちょっとがっかりでしたが、出来上がりの写真を
少しだけ楽しみにしていようと思います。

kinokosen

↓ときどき購読するお気に入りの雑誌「Good Health&Medicine」
mgoodhealth

健康維持のための話題(食生活・エクササイズ・病気の知識・薬など)が
載ってます。以前から健康のことは、関心があったのですが
人生半ばになってから^^;もっと健康のことに気を使うように
なってきたと思います。いろいろと・・・。
それに、子供を身ごもってから、出産、育児を通して、特に食生活には
関心が広がりました。人はみんな悩み・不満なことがあるけれど
でもやっぱり資本は健康ですもんね。大事にしないと・・・。

気になった(心に残った)話題は、いろいろとあるのですが
子供の健康について。
「8歳までの過程において、帝王切開で産まれて来た子供は
自然分娩で産まれて来た子どもよりも、2倍のリスクで
喘息にかかりやすい
」(ドイツのリサーチより)
わたしは、双子を帝王切開で出産したし、それに、ここオーストラリアは
喘息の子供がいっぱいいるので、ちょっとドキッとしてしまった。
そして・・・
秋生まれの赤ちゃんは、他の季節に生まれてきた赤ちゃんより
喘息にかかりやすいリスクを背負っている。
生後4ヶ月ごろになる冬に、風邪やインフルエンザにかかると
喘息を引き起こしやすくなる。
4ヶ月ごろは、特に感染しやすく、その後長期に渡って
器官系・肺・免疫システムにダメージを受けるかもしれない
(USリサーチャーより)」(Good Health&Medicine 3月号)
赤ちゃんが生まれる季節によっても、喘息にかかりやすいリスクが
変わるようです。
うちの双子は、夏生まれなので大丈夫?なんて思うけど
出産は、季節で産み分けできないからなぁ。
わたし的な関心ごととして、また健康の話題をblogで載せたいと思います。



↓ランキングに参加中です。ぽちっとクリックしてくれたら嬉しいです。サンキュ~
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村双子ブログにも参加してます。

Comment

No title
編集
秋生まれの赤ちゃんは、他の季節に生まれてきた赤ちゃんより
喘息にかかりやすいリスクを背負っている。←知りませんでしたi-230
でもいくこさんのおっしゃる通りお産は季節を選べないですもんね・・・・

2009年06月22日(Mon) 06:30
No title
編集
帝王切開のほうが喘息にかかりやすい・・・知りませんでしたが
どう違うのだろう・・産道をくぐって生まれなかったから??
う~ん、詳しくしりたいですねぇ。
でも、健康のこと、自分もそうですが家族みんなの健康が
気になりますよね。
2009年06月23日(Tue) 00:32
お返事
編集
◆えつこさんへ
わたしも、出産時期と喘息が関係あるなんて
思ってもなかったので、え~?って思いました。
自然妊娠の場合は、出産時期を選べないので、どうしょうもない
ですもんね。あと住んでいる場所の気候にもよるかなぁなんて
思ったり。やっぱり寒い国/場所に住んでいると
風邪や喘息にもかかりやすくなるのかなぁ?

◆なの・おとママさんへ
自然分娩は、赤ちゃんが体外へ出て行く準備が整っているけれど
帝王切開は、そんなこともできずに、体外へ出て行くことになってしまう。
たぶん、呼吸器系も準備ができないままに、体外へ出て行くので
そこでなんらかの影響が起こるのかな?
なんて素人ながらに思いました。

健康がやっぱり1番ですよね~。家族がみんな健康であれば
それだけでも幸せだと思います。
「健康」に感謝しなくてはいけないですね。
2009年06月24日(Wed) 11:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。