★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 帰国をキャンセルTOPわたしのこと ≫ 帰国をキャンセル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

帰国をキャンセル

今日で、東北関東大震災から、早くも1ヶ月が経つんですね。
地震、津波、そして放射能の被害と、未だに大震災の爪あとが
残っています。きっと、修復が完全に終わるまでには、相当の
長い年月がかかるだろう。

実は、実家から父がわたしの体調を心配して
3週間ほど来てくれていました 
その後、いっしょにわたし+双子共々、日本へ帰国の予定
だったのに、結局、父のみが先日、帰国。
事情を書けば長くなってしまいますが

最終的な理由は、やっぱり原発問題(放射能)の心配で
フライトをキャンセルしてしまったんです

そもそも、タイミングが悪かった・・・と言えば、そうなんですが
3月11日の朝に、フライトの予約を入れて
3時間後に、あの大震災があったんですからぁ~~~。
まさか、こんな大災害があるなんて、誰が想像したことでしょう 

わたしの実家は、四国なので、放射能なんて全然大丈夫!という
家族の意見も組み入れ、最初は、大丈夫だろうと軽く思っていたんですが
フライトの日にちが近づくに連れて、心配が増えていき・・・
(ニュースの見すぎ?)
最後に、とうとうキャンセルという答えが。
学校の担任の先生たちにも、日本行きのことを告げていたし(休校)
スーツケースにも、ほとんどの荷物をつめていたんだからぁ。
今回のフライト代は、父のお金だったので、そのことにも
ちょっと申し訳ない気持ちがあったんです。
Jスターに聞いてみるのも、ただだし・・・ということで
問い合わせしてみたら、なんと、今回だけキャンセルでき
しかも、返金してくれるという心優しい回答が戻ってきました。
普段なら、絶対こんなこと無理なのにね・・・。

わたしだけなら、きっと帰国していたけれど、子供たちの健康が
心配で、オージーの旦那のジェイも、こんな大問題がある中に
帰国しなくっても・・・という意見もあって。
心配症のわたしだからこそ、こんな結果が出てしまったように思います

帰国したら、必ずと言っていいほど、こっちではほとんど食べれない
新鮮な青魚や魚介類を、毎日のように食べて帰ってくるんだけど
今の状況だと、そんなことも、安心してできそうもないなぁと
思った。
空港で、見送った父には、とても申し訳ない気持ちでいっぱいだったけれど
フライト代を返金できたことは、少しわたしの心を軽くできたように
思う。
また、帰国しょうと思えばいつでもできるんだから・・・と
言い聞かせて、後になって、少し後悔した気持ちを抑えることが
できました。会おうと思っていた愛する家族に会えなかったこと。
それが辛かったなぁ~
お父さん、来てくれてありがとう なんとか遠い地で
頑張ってるからぁ~。





↓ランキングに参加中です。
ぽちぽちしてくれたら嬉しいです。サンキュ~
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村双子ブログにも参加してます

Comment

編集
海外メディアが、日本のメディアよりも被災地の被害や危険性を
大きく取り上げている、という感は否めませんが、
確かにこちらではまだ事態が収束していない、というのが現実です。
ただ、現時点では関東以北のみが心配されている場所のようです。
西の方に、一時避難した友達は、むこうでは全く普通に生活が営まれていると言っていました。

いくこさんの心配も親としてはよくわかります。
私も同じ立場ならきっとものすごく悩んで、もう少し経ってから
にしようと思う。
でも、今日本にいる身としては、この情報が氾濫する中、
メディアに翻弄されないよう、
もしくはニュースの怖い印象のみが自分の中で拡大して、
精神的なダメージをうけたり、過剰なアクションをとらないように気をつけてみてください、と思います。
私も、地震直後は毎日テレビをつけ、そのせいで、鬱っぽくなっていましたし。
メディアの力は侮れません。
今はテレビを消して、ネットニュースなどの生活に変えています。

日本は現在、放射能の心配や実際の地震や津波の被害以外に、
東北産の野菜などを買い控えているために起きる二次災害や
三次災害がおこり、こちらの方も深刻になってきています。
どうぞ、オーストラリアの地から、日本産業や日本の経済を
応援してください。

とりあえず、航空券がキャンセルできて本当によかったと思います。
ジェットスター、いつもけちですもんね。
早く、いくこさんが心から安心して日本のご家族に会えるように祈っています。

長々ぐだぐだとすみませんでした。
2011年04月12日(Tue) 11:09
編集
いくこさんおはよぉです!!
体調ダイジョブ?
お父様が行く位大変な感じだったんだね(涙
ホントにホントに無理はダメだよぉ~(涙
健康あってこそだもんね♪

そして・・・帰国予定がダメになっちゃって残念だったね・・・。
でも・・・今、日本に帰って来ても余計な心配事が増えちゃいそうな感じがするもんね。
schoolのセンセーも先日母国に帰ったよ!
(理由は別の事になってるけど・・・)

ワタシの居る横浜はまだ水道水も飲めるし、食べる物の制限もないけど、被災地や原発周辺の人達はホント大変そぉで涙がでちゃいます。

1日も早く色んな問題が解決して、いくこさんも安心して帰国出来るといいね♪
2011年04月12日(Tue) 11:17
◆woodyさんへ
編集
メデイアの影響って大きいですよね。
きっと、わたしは、TVの見過ぎだと思います(笑)。
普段でも、日本の衛星放送のニュースを付けっぱなしにしているので
目から入ってくる映像は(特に衝撃的なもの)、かなり心のダメージにも
なっていると思います。
世界中で、あの大震災以来、日本に注目が集まっていて
「日本=大震災・放射能被害」のようになってしまっている感じですから。
woodyさんも、ニュースの影響で、鬱っぽくなっていたんですね。
わたしも全く同じような感じでしたよ。
日本に居る姉から「もう、ニュースなんか見ないほうが
いいよ」と言われました。心配が増える・それによってストレスもたまるからね。

放射能のことで、みんな食べ物に敏感になってきているみたいだね。
わたしも、日本で居たら、買い物のときには、どこの産地の物か
かなり神経質になっちゃうと思います。もし、みんながそんな風潮になってしまうと
東北の産業・農業に大きなダメージができてしまいますね。
オーストラリアだけでなく、世界中の国民が日本の復興を
応援・支援しているし、これ以上、被害が悪化しないことを
願っています。
日本には、帰国しょうと思えば、いつでもできるんだからと
思って、次回の帰国を楽しみにしていようと思います。
woodyさん、暖かいコメントをありがとう(はぁと

2011年04月14日(Thu) 10:10
◆あいささんへ
編集
あいささん、心配してくれてありがとぉ~(はぁと。
回復に時間はかかっているけれど、これも年のせいだからぁ(笑)。
なかなか20代のようには、いかないです。

日本にいる外国人は、あの事態があってからすぐに
帰国する人が多いと聞きました。
学校の先生(オージー?)も帰国されたんですね。
わたしは、反対に日本へ帰国予定だったけれど
今回は、実現できず残念(きっと、双子がもっとがっかりだったかも?!)。
放射能問題が少しでも良い方向へ向かうことを願いつつ
次回の帰国を家族みんなで楽しみにしていようと思います。
横浜は、あまり生活に影響がないんだね。良かったぁ。
でも、食料品を買う時って、やっぱり原産地、気にならない?
食べ物からでも、内臓被爆をしてしまうので、怖いよね。
ほんと、被災地のみならず、日本全体が元のような
平和で安心した国になれるように・・・☆
2011年04月14日(Thu) 11:02
編集
いくこさんも帰国キャンセルしたんですね。私もです。やっぱり幼い子を連れての今の時期の帰国は不安ですよね。安心して帰れる日が早く来る事を願うしかありません。
2011年04月17日(Sun) 16:12
◆ozyukoさんへ
編集
さっき、メールしました。
そうなんです。先日ozyukoさんのブログにお邪魔したとき
記事を読んで、ちょっとビックリしました。
わたしと同じ心境で悩まれて、結局キャンセルという結論を出されていたから。
わたしだけじゃないんだ・・って思って。
今年いっぱいは、復旧作業に月日がかかるみたいですよ。
来年は、安心して帰国できるかなぁ。
2011年04月18日(Mon) 11:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。