★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ライトアップ②ノースブリスベンNo1TOPクリスマス ≫ ライトアップ②ノースブリスベンNo1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ライトアップ②ノースブリスベンNo1

先日、新聞に載っていたXmas ライトのコンペで
ノースエリア 1位に選ばれたお宅に行って来ました。

1712111


ちょうど週末だったんで、すご~い人!でした。
Everton Hillsにある Bowers Rd Southの通りまで行くとすぐ分かるはず。
車の置き場がないくらい、通りは両端びっしり車でうまってました(あわわ・・)
やっぱり1位に選ばれただけあって、規模がすごいのなんの 
むちゃでかい敷地!まるでテーマパーク並みの飾りつけでした。
ゲートを入ったら、こんな感じで、クリスマスソングを歌っている人が
お出迎え~
1712112

奥に行くと、家が光とともに、浮き上がって見えます
1712113

家のドアーには、トナカイが居て歌ってました♪(ちょっと怖い~)
1712114

巨大スノーマン
1712115

メリーゴーランドもあったよ。(乗車$2)
1712116
もう時間も遅く、最後の方だったんで、双子は、ただで乗車させてくれました
顔を入れて、写真を撮れるコーナーもあったよ
1712119

広~い敷地内を歩いてぐるぐる見て回る。
1712117

わたしはキリスト信者ではないけど、こういう宗教っぽい飾りも
見てて、なぜか心が落ち着きます。
1712118

たっぷり約1時間、ここのライトアップで楽しみました♪
もう”スゴイ!”の一言でした・・・
ここを後にして、帰途に帰る途中にあったド派手チャーチへ 
次回は、チャーチのライトアップをUPしま~す。






↓ランキングに参加中です。
ぽちぽちしてくれたら嬉しいです。サンキュ~
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村双子ブログにも参加してます

Comment

編集
ブリスベンのノースエリアで1位に選ばれるお家は、こんな感じなんですね~。
何かクリスマスパークって感じ。。。
今までこんなすごいお家見たことないです。
個人宅で、ここまでするんですね~?
感心しちゃいます。
メリーゴーランドが2ドルとか、写真コーナーとか、キャロル歌う人とか、もう本格的な演出ですね。
電気代かかりそう。。。
2011年12月21日(Wed) 23:54
お返事
編集
◆ヒカリさんへ
写真をたくさん撮ったんだけど、あまりにも多すぎて、いくつか選んでブログに載せました。
ほんと、スゴイお宅でした・・・(溜息)
メリーゴーランド、飲み物・おもちゃ・ソーセージなども販売してましたよ。ここまでいくと、もうショーみたいな感じ。訪問者も半端じゃないくらいの人混みでしたから。
電気代、きっとすごいだろうなぁぁって拝見しながら思いました。でも、いろいろ販売されていたんで、売上金で、電気代をまかなっているのかなぁ?と思ったり。実際はどうなんでしょ~ね・・・
2011年12月22日(Thu) 16:04
編集
いくこさんのお宅からだと遠いのに行かれたんですね。だけど行く価値あるよね、これだけ凄かったら。私達も去年、今年と行きました。メリーゴーランド2ドル払ったよ。今度はギリギリにいこうかな。笑)
2011年12月22日(Thu) 20:36
お返事
編集
◆ozyukoさんへ
やっぱりozyukoさんも行ったんだね。
うん、ほんとあれは行く価値あり!普通の家って言うより、もう1つのショー的な感じやね。
メリーゴーランドね。着いたときに、いっぱい子供たちが乗車していたんで、後回しにしてて、帰る際に行ってみたら、誰も居なかったんです。もう営業終わった?って思ってたら、おっちゃんが来て「乗れやー」みたいな感じでサービスしてくれました。
でも、おっちゃんの手に持ってた$2コインがいっぱい入った袋、すごく重そうでしたよ~^^
2011年12月24日(Sat) 10:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。