★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ブラウン スネークと遭遇TOP野生動物 ≫ ブラウン スネークと遭遇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ブラウン スネークと遭遇

溜まっている記事をUP。
先月、すぐ近くのブッシュの歩道を散歩中に遭遇したもの。
ブラウン スネーク (全長約70センチ程)
brownsnake
携帯から撮影したので、画像がちょっと悪いです

オーストラリアで2番目に価するほど致命的な猛毒ヘビ  
こわ~い

夕方で日も暮れ始め、薄暗かったので早足で歩道を歩いてたら
前方から歩いて来た女の人が親切に教えてくれた。
「歩道にブラウン スネークがいるから気をつけてね」と。
もし、教えてくれなかったら、うちの犬(ダルシー) や
スクーターに乗っていたケインが危ないところでした・・・

木の枝っぽく見えたけれど、予告してくれたので”ヘビ”って分かったよ。
あぁ~怖いね・・・。普段よく歩く歩道に、こんな身近に猛毒ヘビが
生息しているなんて。このブラウン スネークは、まだ子供の小型サイズ
だったけれど、大人のサイズは、人間の背丈より大きくなるそうです。

ジェイは、以前住んでいた庭に大型サイズ(約2m)のブラウン スネークに
遭遇したと聞きました。ガーデニングをしていたジェイは、最初、そのヘビの存在を
知らなかったのですが、たまたまドライブウェイを工事しに来ていた人に
「危ない!!でっかいヘビが居るよ!」と言われて気づいたとか。
幸運だったジェイは、噛まれずにまぬがれたけれど、そのときを思い出す度に
背筋がぞっとするそう。
ちなみに、今回ヘビと遭遇した付近は、今までいろいろな野生動物に
遭遇しています。カンガルー・ワラビー・コアラ・ゴアナ(オオトカゲ)
そして、今回はブラウン スネーク。1番会いたくない野生動物です。
この国  は、野生動物と人間が共存している社会なので、オーストラリア人に
とっては珍しくないことなんだろうけれど、12年この地に住むわたしに
とっては、未だに驚いてしまうコト。あわわ・・・

ブラウン スネークは、人が住んでいる場所にも平気で出現してくるので
このヘビに噛まれて亡くなる人が1番多いそうです。
これから寒くなっていくと、ヘビは日向ぼっこをしに木陰やブッシュから出てくるので
くれぐれも足元に注意を払ってくださいね。

Comment

ヘビ
編集
そう言えば、私もずっと前、歩道や家の近くで
ヘビを見たのも寒くなった頃でした。
この時期、ヘビが出るんですね~。
いや~2mものヘビがいたら、本当に怖いです。
何事もなくて良かったですね!
2012年05月18日(Fri) 21:07
お返事
編集
◆ヒカリさんへ
日本に住んでた頃は、ヘビなんてめったに見なかったのに
こちらに住んでからは、身近なトコロでも見かけます。
それも毒蛇が家の近くに生息してるなんて、こわぁ・・・って感じです。
ヒカリさんもヘビと遭遇したんですね。サイズ的には
どうでしたか?
冬は、ヘビが体を温めるために、日向ぼっこに出てくるようですよ。
ちょっと生い茂る草むらや家庭菜園は、気をつけたいですね。
2012年05月20日(Sun) 08:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。