★Twinkle Twins★オージーライフ

オージーの旦那☆2006年2月に産まれた二卵性双子(♂♀)ちゃんとの日々を家事と育児の合間に、ぽっちりペースですが綴っています。
2007年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年03月
TOPスポンサー広告 ≫ 家庭内感染中TOP家族のこと ≫ 家庭内感染中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

家庭内感染中

先週でスクールホリデーも終わり、昨日から学校生活がまた始まりました。
今回のホリデー、本当に家でまったり過ごしたよ。

あきみから始まった風邪が→ → ケインと次々に感染してしまいました 最悪やぁ・・・
ジェイがぼそっとこぼした一言。次の患者は自分だ・・・



ケインは先週末の発熱を出し、解熱剤で様子を見ていたけれど
パナドール(解熱剤)を与えていたにもかかわらず、高熱で容態が悪くなり
また緊急科の病院へ行くことになりました
高熱で緊急科に行くのは、もう今回で4回目。
はぁこういうことが何度あってもは、動揺してしまいます
普通、解熱剤を与えたら、熱が下がる!と思うのに、今回のウィルス菌には
パナドール(解熱剤)が効かず、困りました。だって、パナドール(解熱剤)投与後も
熱の勢いは止まらず、1時間後には具合が悪くなったんですからぁ。
とてもきついウイルス菌だ!
もう1つの解熱剤(ニューロフィン)は、熱さましの効果があったので
救われました。ドクターからは、同じ解熱剤を続けて与えず
ニューロフィン→ パナドール→ ニューロフィン→ パナドールと交互に
投与したほうがいいとアドバイスを受けました。2つの薬は、効能時間も違うので
1つが効能を発揮している間、その薬が切れるまでに、次の薬で効能をカバー
できるから。
後日、ネット検索してたら関連した記事を見つけたよ→Mail Online Health(英語版)
ご参考まで。

そして・・・今回のコトで学んだこと!
解熱剤を与えた後も、こまめに体温計で体温をチェックし続けること!!

コレ、本当に大事です 解熱剤が効いているからと思って、投与後は
安心してしまいがちですが、念のために体温は頻繁に確認しないといけないです。

あきみは、既に回復してるので登校したけれど、ケインは休校中です。
わたしもまだ風邪症状でゴホゴホ言ってるし、息子の看病疲れ?でしんどい・・。
あぁ、今回の風邪には参ったよ~~
早く家族みんなが回復して、元気な家庭に戻りますように。

Comment

編集
パナドールが効かないと焦るよね。それが頼みの綱なのに。だけどナロフェンが効いて良かった。。同じ解熱剤でも違うのですね。
皆さん早く良くなります様に!
2012年07月11日(Wed) 19:53
お返事
編集
◆ozyukoさんへ
そうそう、同じ解熱剤でも成分が違うので
いっしょに与えても大丈夫だそうです。
今週は、1週間ずっとシックです・・・。
こんなにキツイ風邪は初めて。まだ風邪でゴホゴホ
言ってるのに、息子の看病続きで超タイヤードな母。
早く熱下がって~~~
2012年07月13日(Fri) 11:52












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。